YouTube、動画内の日本語の音声から自動的に字幕を生成する機能を添付、しかも当然無料だ

| コメント(0)

【YouTube 自動キャプション機能が日本語に対応。音声認識技術を使って日本語の動画に自動で字幕を表示開始】
【YouTube、日本語音声から字幕を自動生成する機能追加-動画/字幕のタイミング同期も】


YouTube は、本日より、YouTube にアップロードされているビデオから自動的に日本語のキャプションを生成する「自動キャプション」を提供いたします。自動キャプションは、Google の音声認識技術を使用し、動画の音声から自動的に字幕を生成します。

動画の再生ボタンを押した後、画面右下から「CC」ボタンにマウスオーバーして、「音声を文字に変換BETA」を選択します。「音声文字変換は、 Goolgeの音声認識テクノロジーを利用して、動画のキャプションを自動的に追加する試験サービスです。」という注意書きが表示されるので、「OK」をクリックします。

OK をクリックすると自動キャプションが表示されます。

この機能は、2009 年 11 月にまず英語を対象に提供されました。本機能は、実は耳の不自由なエンジニアが開発に携わっています。彼にとって、以前のテキストだけだったウェブでは、ほとんどの情報にアクセスすることができましたが、ウェブがリッチになるにつれて、動画や音楽など、彼にとって"アクセスできない" コンテンツが増えていきました。技術の力でこの問題を解決したいと考えて生まれたのが、「自動キャプション機能」です。

この機能の提供から 4000 万点以上の動画が英語の自動キャプションに対応し、実際に、耳の不自由な方が情報にアクセスするのを手助けするツールとして活用されています。さらに、自動キャプション機能が提供開始されてから、手動で字幕が付けられた動画数も3倍に増えました。

動画に自動的に字幕がつくことで、耳の不自由な方でも動画を楽しんでいただけるようになるだけでなく、動画の検索がしやすくなるというメリットもあります。さらにGoogle 翻訳の技術を活用して、日本語の字幕を 50 以上の言語に翻訳することができるので、世界中の方が日本発の動画を楽しめるようにもなります。

この機能を使うには、動画の右下の「CC」ボタンにマウスオーバーして「キャプションを翻訳BETA」を選択します。言語の選択画面をクリックすると言語の一覧が表示されるので、右の赤いタブをドラッグして翻訳する言語を探してクリックしてください。

自動キャプション機能はまだベータ版で、現在はニュース等の発声がクリアな動画で最も機能します。今後、YouTube では、誰もが、国境に関係なく、より多様な動画にアクセスできるよう改善を続けて参りますので、ぜひご期待ください。


連休は色々と立て込んでいて今日明日は難しいかもしれないけど、やっぱり本家でもちゃんと紹介したいよね、でもとりあえず覚え書き的にここに記しておこうってことで、まず掲載。元々Googleには音声データからの自動テキスト化(【これは確かに神アプリ・「Googleな翻訳こんにゃく」こと「Google Translate」】とかね)技術があったわけで、これらの技術の組合せの賜物なわけだ。

色々な使い方が出来そうだねえ、ホント。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年7月16日 08:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「資料価値も高し・アニメのサザエさん公式大図鑑、発売」です。

次の記事は「ミネラルウォーター、嬉々もごもご」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31