節電対策と自販機飲料の売れ行き

| コメント(0)


【日本コカ・コーラ、夏季の自販機を輪番冷却停止でピーク時33%節電へ】などにもあるように、節電対策としてこの夏は飲料関連の自動販売機の冷却がエライ事になってるのはご承知の通り。これで実際どれくらい売れ行きが変化するのかは、正直気になるところ。

で、調べようとしたんだけど、自販機経由のセールスって、年ベースでは【コンビニ以外の「タスポ導入」の影響をグラフ化してみる】でも紹介した日本自動販売機工業会で公開されるんだけど、月次はないのよね。伊藤園やダイドードリンコ、アサヒビールは月次の飲料売上を出しているのである程度は参考になるけど、これは自販機以外のも含めた全部の売上。

うーん、そんな都合のよいデータはないかなあ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年7月27日 12:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「VOCALOIDの可能性を感じまくる...Alice in Musicland」です。

次の記事は「【更新】グリコの2年保存可能な「そのまま食べられる」カレー職人と「ちょい食べ」と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28