【更新】気象庁、茨城県・群馬県・栃木県向けにも光化学スモッグ情報を提供開始

| コメント(0)

[関東地方北部3県における地域や時間帯を示したスモッグ気象情報の発表開始について]


●概要

平成23年7月20日から、光化学スモッグが発生しやすい地域や時間帯について、関東地方北部3県でも新たに発表します。


●本文

気象庁及び各地の担当気象台では、当日に光化学スモッグの発生しやすい気象状況が予測される場合に「スモッグ気象情報」を発表しています。

平成23年7月20日より、関東地方北部の3県(茨城県、群馬県、栃木県)において、光化学スモッグが発生しやすい地域や時間帯(1時間単位)を示したスモッグ気象情報の発表※1を新たに開始します※2(情報例は別紙)。

※1 関東地方南部及び九州北部地方(山口県を含む)では同様の情報発表を行っています。
※2 当日午後に光化学スモッグが発生しやすい気象状況が予測される場合、13時20分頃発表します。

関東地方北部3県を対象としたスモッグ気象情報は、関東地方南部の情報と合わせ、気象庁ホームページの関東甲信地方の地方気象情報(【http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/103_index.html】)でご覧になれます。


ということで今月後半から茨城県、群馬県、栃木県でも光化学スモッグに関する気象情報の発表が行われる。先日の【北海道石狩地方でもヒートアイランド現象を確認】あたりと合わせ、注意が必要。上の動画のコメントに「特に異常は無かったです」ってあるけど、個々の人に異常が起きないように警告発しているんだからね(汗)。

関東近辺は都市化によるものだろうけど、九州地方のはどう考えても黄砂によるところっぽいからねえ......色々な意味で留意が必要。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年7月14日 12:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【更新】アニメ・特撮の「聖地巡礼」経済効果は100億円超!?」です。

次の記事は「「喫煙者のラドンリスクは8倍」...室内の放射線量とラドンによる肺がんリスク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28