野菜・果物の土壌中からのセシウムの移行具合一覧

| コメント(0)

【農地土壌中の放射性セシウムの野菜類及び果実類への移行の程度(農水省、PDF)】



農林水産省が5月27日に発表した、野菜や果物などへの放射性セシウムの移行係数一覧。【お話によれば】これは「土壌から野菜や果物への放射線の吸収率です。下の表で数字の小さい野菜や果物程、吸収が少なく安心という事です。食べる量にもよりますが」ということ。【放射性セシウムを減らす調理法と「チェルノブイリ・放射能と栄養」】【Newton7月号の「ヒマワリと放射性物質吸収」云々の記事を読んで】あたりと合わせて考えると、数字が高いものはカリウムの吸収力も高い(というか生育の際にカリウムを多く必要とする)と考えても良いかもしれない。

なぜ植物がセシウムを吸収するのかあたりを考えれば、もう少しシンプルに考えられそうな気もするのだけど。


※覚え書きとして追加
【Doc:Radiation/Agriculture】

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年7月11日 08:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「津波対策推進法」に関するやり取り...「民主党の政策」という話の真実パート2」です。

次の記事は「マイケルジャクソンの真似をしていたら一躍ヒーローになった少年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31