古くて新しいインスタントカメラ

| コメント(0)


デジカメの普及で今や存在すら知る人の方が少数派となりつつある、インスタントカメラ。それをよりによってさらに過去にさかのぼる形の技術で創作したというお話。要はモノクロのビデオカメラとサーマルプリンタを連動させて、取り込んだ映像をそのままプリンタで出力し、それを写真代わりにしてしまおうというもの。大昔の「映し始めたら数十分は同じポーズをしてなきゃダメよ」なカメラみたいで、これはこれで味わいがあるねえ。


(ソース:【Like Cool】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年7月 8日 07:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自宅でエベレスト登山が疑似体験できる時代」です。

次の記事は「世界最長の中国「青島海湾大橋」、ガードレールが......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31