文庫本サイズの太陽光ユニット

| コメント(0)

【パナソニック、太陽光で充電、60時間点灯するLEDライト~文庫本サイズの本体一杯に太陽電池搭載。携帯も充電可能】
【文庫本サイズの小型ソーラーパネルを内蔵コンパクトソーラーライト「BG-BL01G」を発売1台でエネルギーを「創電」「充電」「給電」】



パナソニックは、太陽光で発電した電気を充電池に蓄えて、ライトを点灯したり携帯電話が充電できる小型LEDソーラーライト「コンパクトソーラーライト BG-BL01G」を、8月26日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6,000円前後。

本体サイズが152×104×24mm(幅×奥行き×高さ)と、小型でコンパクトなLEDライト。ハンディライトとして使えることに加えて、1台でエネルギーの「創電/充電/給電」ができる点が特徴となる。

「創電」では、パナソニックグループの高効率な太陽電池「HIT太陽電池」を本体側面に搭載。同太陽電池の面積は128×63mm(横×縦)という"文庫本サイズ"で、重量も約150g(電池なしの場合)と軽量のため、屋外に持ち出して使うこともできるという。

「充電」では、本体内に同社のニッケル水素電池「充電式EVOLTA(エボルタ)」2本を内蔵することで、HIT太陽電池で創りだした電池が蓄えられ、LEDライトの電源として使用できる。ソーラーのほか、USBでの充電にも対応する。

「給電」では、本体のUSB出力端子に携帯電話などモバイル機器を接続することで給電できる。給電は機器を接続すると自動でスタートする。また、充電式エボルタを本体から取り外して、ラジオやライトの電源としても使用できる。


要は太陽光で電気を創って、それをそのままLEDライト向けに使う事もできるし、USB経由でモバイル系端末に補充する事も可能、と。単に充電電力の供給ができるのは結構出て来たけど、LEDライトまで装備しているというのは、非常用備品としてはありがたい。まだアマゾンでの入荷は確認できないけど、登録されたら一つ備えてもいいかな~と思っている。

この話をつぶやいたところ、【5800円~9000円と、ちと高めだか充電式のLED電球は、停電時には懐中電灯にもなり便利でした】との話が。「LED」「電球」「懐中電灯」で検索すると、確かにいくつかそのような仕様の商品が存在する。便利な事は便利なんだけど、どうもまだ性能が安定していないようで、利用者からの感想もまちまち。ということで具体的な紹介は保留、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年7月 7日 08:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ガガ嬢のお姿がレゴで登場」です。

次の記事は「「原発のウソ」のウソと「デマゴギーブックス」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31