権威とその意味と正しさと

| コメント(0)

【「アーネスト・スターングラス」での検索結果】
【煽りの手法】



この問題にかぎらず、常識とは正反対の過激な意見を披瀝することで十分ビジネスが成り立つ事実があることを覚えておいたほうがよいと思う。似非科学本でがっぽり儲けているナンチャッテ科学者もいれば、研究そっちのけで危険を煽る本や講演で生計を立てている学者もどき、また、宗教的、政治的信念に基づきその思想を後押しする結果を示す学者もいるのだ。


「過度に恐れる」あるいは「ヒステリックに恐れる」場面で結構よく使われる文面に、アーネスト・スターングラス博士という人の【「放射線と健康」】がある。で、その内容、例えば「日本の膵臓がん死亡率の上昇を、原爆実験で環境に放出されたストロンチウム90やイットリウムのせいだ」に文面に悶絶している人の話を目にし、内容そのものは門外漢だけど、ちょいと調べてみたら、まぁこの博士の言及そのものが......という話。さらにそこから探りを入れて、上の「煽りの手法」という解説ページで、以前【岡っ引きな人達】で触れたのと似たような結論が出ていたので、「結局、どこも変わらないのよネ」とため息をつきながら覚え書き。

あと【研究の信憑性:「米国の放射線学者、スターングラス博士」について】でも指摘されているけど、「原子力反対派らはしばしば彼らの主張する説を採用した評価を行うことでも知られている」ってことで、昔からの常套手段に過ぎなかったというわけだね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年7月 3日 08:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「福島県の子供達の尿からセシウムが云々」の話の裏付けと目論見」です。

次の記事は「お掃除ロボット「ルンバ」が織り成す素敵な世界」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31