夏休みを伸ばして節電に協力した東洋大学の件

| コメント(0)


先日掲載した【「500万kWhを産業界のために」東洋大学、夏休みを延長して8月~9月の授業・試験を無くし節電に協力】の件。日本でもかなり特異な事例ということで、記事掲載後に色々な意見を当方宛、あるいは独自のつぶやきなどで確認できた。こちらが把握できた限りのものとしては、大体賛否両論として賛7否3~賛8否2くらいの割合で賛成派が多い。まあ、賛のうち1くらいはおちゃらけ、あるいは休みが増えてラッキーみたいな感じだけどね。

「否」の意見の中にも例えば「こんな時こそ勉学に励むのが貢献といえるのではないか」とするものもあり、それはそれで一つの考えかな、とも思った(電力消費の面では貢献は出来ないので、今件については意味の無い話なんだけど)。

あとは......中には特異な意見として「戦前の勤労動員みたいでキモい」というものがあって、正直、閉口。思うことは別に自由なんだけどさ。差別心と同じで、そういう風に考えちゃうってこと事自体がキモいような気がするんだな(ちなみに某新聞や自称国際ジャーナリストなり自称世界貢献者のように、そうやって善意的なリベラルさを風潮している人って、概して実態は逆なんだよね)。

まぁ、大学全部がまわれ右をしろってわけじゃなくて、学校単位で色々考えるべきじゃないのかな、と。あとで機会があれば取り上げるけど、例えば東大はボンガボンガ節電をかまして、それを実数値で挙げてる。すげえよ、これ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年4月27日 17:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コカ・コーラ社の「ちょっと驚き」キャンペーン、今度はファンタで場所は......」です。

次の記事は「「じいさん、俺の言う事聞いてくれ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28