iPhoneを使って新聞に臨場感を加える方法

| コメント(0)


有名人などのスピーチは主に口の部分に視線が注がれる。踊ったり運動しながらじゃなく、演説台でほとんど動かずにしゃべり続けるからね。ならば口の部分さえ動けば「それらしい」臨場感を疑似体験できるんじゃないかっていうアイディアを採用したのがこのアプリ。

新聞(タブロイド紙だね)の記事の横に該当する人物のバストアップの写真とQRコード、そして口の部分にはiPhoneの場所指定の点線。コード取り込み機能で指定するURLを読みこませたあと、iPhoneをそのまま口のところにセット。するとその人物がしゃべっているかのように口が動きながらセリフが聴こえてくる仕組み。

もちろん本人の声じゃないけど、言語はその本人がしゃべったのと同じ。臨場感は十分味わえるし、内容は本文を読めば分かるという仕組み。少々手間はかかるけど、仕組みもシンプルだし日本でもすぐに応用できそうな、ステキングな手法だね。


(ソース:【ADS of the world】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年4月27日 20:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「じいさん、俺の言う事聞いてくれ」」です。

次の記事は「オフィスチェア「速乗り」選手権、ドイツで開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28