原発世界地図とヨーロッパの電力融通の図

| コメント(0)




先日のに続き、「エネルギー白書2010」から。一枚目は世界の原発地図で、これは2009年7月当時のもの。紫が稼働中、緑が建設・計画中、黄色が将来構想。フランスがヨーロッパでにょっきり出ているのが分かる。

そして二枚目はヨーロッパ内での電力融通の図。何度か記事でも触れてるけど、フランスが自国内の原発で生成した電力を周辺他国に売っている、つまり間接的に原発を国のビジネスとしていることが分かる。それだけ経験豊富で国家レベルで重要なものだってことだね。

ちなみに一枚目の地図はクリックで拡大表示するので、よろしく。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年3月29日 20:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ご飯をおねだりする猫ちゃん」です。

次の記事は「【更新】......という指摘あり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28