定期購読者向け無料デジタル雑誌流通へ...Fujisan.co.jpが出版社のデジタル雑誌流通支援・期間限定で無償提供開始

| コメント(0)

【~震災による配送遅延対策、『正論』『サイゾー』など十数誌が参加表明~/~\Fujisan.co.jp 定期購読者向け無料デジタル雑誌流通へ出版社のデジタル雑誌流通支援 無償提供開始(PDF)】
【雑誌のオンライン書店 富士山マガジンサービス】



日本最大級の雑誌専門のオンライン書店「/~\Fujisan.co.jp」を運営する株式会社富士山マガジンサービス(東京都渋谷区 代表取締役 西野伸一郎)は、今回の東北地方太平洋沖地震の影響で、紙の確保や流通事情の関係で、全国的に定期購読雑誌の配送遅延が見込まれるため、定期購読者が雑誌を遅延なく読める仕組みとして、出版社へのデジタル雑誌の流通支援を本日3月22日より期間限定で、無償で開始いたします。

Fujisan.co.jp では、東北地方太平洋沖地震による道路の崩壊に加え、交通規制、燃料不足により雑誌の配送に影響がでています。これら物流問題に対し、雑誌のデジタル版を購読者に無料配信することで、お届けの遅延解消を実現すべく、3 月22 日より参加希望の出版社の正式受付を開始しました。既に『正論』『サイゾー』など十数誌が参加表明をしています。

支援では、国内最大のデジタル雑誌流通に関するFujisan.co.jp のノウハウやインフラを活用し、出版社から提供されたデータ提供をもとに、配信技術および、会員情報管理などの仕組みを提供してまいります。

対象となった雑誌の定期購読者は、紙の雑誌のデジタル版を、パソコン(Windows・Mac)とiPhone/iPadで発売日にタイムリーに読むことが可能となります。これにより、配送が遅延した場合などに、届かないことによる契約読者のイライラを解消し、出版社の定期購読者の減少を抑えるとともに、読者により良いサービスを提供できるものと期待しています。

※本支援は、あくまで定期購読者がタイムリーに記事を閲覧できる環境を提供することが目的であり、今後のデジタル雑誌の販売を前提とするものではありません。また、無償支援の提供期間は、今後のさまざまな状況に合わせて、各社と協議のうえで決定してまいります。


あくまでも「定期購読者限定」「期間限定」「PCとiPhone/iPad」ということだけど、興味深い話ではある。先の【週刊アスキー、震災後数号分の記事をPDF化し、無料配布を決定】のように定期購読者であろうが無かろうが、どんとこいっていうやり方もありだけどね。居住環境に大きな影響は無くとも、流通網の回復が遅れている地域も少なくないし......

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年3月22日 16:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「もしも『スタートレック』時代にまでFacebookがあったなら」です。

次の記事は「【更新】モジュール船YAMATAI、神戸港を24日午後1時に出帆予定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28