NYSEとドイツ取引所が合併で合意・世界最大の取引所グループ誕生へ

| コメント(0)

【NYSEと独証取が合併、世界最大の取引所グループ誕生へ】


ドイツ取引所(DB1Gn.DE: 株価, 企業情報, レポート)とNYSEユーロネクスト(NYX.N: 株価, 企業情報, レポート)は15日、合併で合意したと発表した。これにより世界最大の取引所グループが誕生する。

合併の形式を取っているものの、ドイツ取引所の株主が合併後の新会社の株式60%を保有し、17人の取締役のうち10人はドイツ取引所側が占めるため、実質的にドイツ取引所によるNYSEユーロネクストの買収となる。

新会社の名称は未定。オランダに設立するが、本社機能はフランクフルトとニューヨークの2カ所に置かれる。新会社の最高経営責任者(CEO)にはNYSEユーロネクストのダンカン・ニーダーアウアーCEO、会長にはドイツ取引所のレト・フランシオニCEOが就任する。 

フランクフルト証券取引所などを傘下に持つドイツ取引所と、ニューヨーク証券取引所(NYSE)などを運営するNYSEユーロネクストの合計の年間売買代金は20兆ドルを超える。合併後の新会社はドイツ、フランス、英国、オランダ、ポルトガル、ベルギー、米国で業務を展開する。


公式リリースは【こちら(Deutsche Boerse AG And NYSE Euronext Agree To Combine To Create The Premier Global Exchange Group)】。先日【NYSEとドイツ取引所が合併交渉開始】で伝えた件が、とりあえず合意に達したとの事。ポジション的には「アトランティック証券取引所」みたいな形になるのかしらね。欧米間での相互取引がますます盛んになりそうな予感。

詳細は元記事に説明があるけど、今後各国の規制をクリアするための色々な手続きがあるみたいだし、「アトランティック証券取引所」と冗談で書いたけど新証券会社の名前だけでも各国の意地がかかってるようで......。

いずれにしても今後さらに証券取引所の綱引きが盛んになるんだろうね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年2月16日 12:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ぜんざい風シュークリーム(ファミリーマート) 試食」です。

次の記事は「地デジ化カウントダウン、どたばた狼狽しまくる業界関係者、放置される「お客様」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28