ニュースは要るけどニュース「ペーパー」は要らない

| コメント(0)

先日の【新聞のソース性、需要と供給】に対する感想で、ちょっと心に残った言い回しなんで、覚書も兼ねて。よく思い直してみれば確かにその通りで、例えば天ぷらの吸い取り紙や濡れた靴の湿気取りなど、新聞「紙」としての使い道をのぞけば、新聞が新聞「紙」である必要はさほどないんだよね。あくまでも「紙」は媒体の一つに過ぎない。現行では他に色々なツール・媒体がある。今はまだ、ビジネスモデルが試行錯誤の状態にあるだけ。

これってパソコン使ったDTPが浸透しはじめた時の疑問と同じで、「わざわざデジタル化して、パソコン上で編集とかデザインするのなら、そのデータをそのままネット上にあげちゃえばいいじゃん」ってことになるわけで。あとはどうやって「対価を得るか」なんだよね。その観点から見直すと、欧米の新聞社は一歩も二歩も先に進んでるといえるかもなぁ、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年1月27日 08:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「カントリーマアム(黒みつきなこ)」がウマいらしい」です。

次の記事は「データ・サルベージ・アナライズ(Data Salvage Analyze:DSA)という考え方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31