携帯電話とスマートフォンのインターフェイス

| コメント(0)

【疲れるユーザインターフェイスー携帯電話、家電のリモコン】



もはや、携帯電話は「電話付き多機能端末」と揶揄されるように、PDAに迫るほど機能が増えていて、その主要機能さえハードウェアボタンでアクセスをカバーしていこうとすることは限界に近づいています。

そうした部分を書き換え不可能なハードウェアに委ねるのではなく、書き換え可能で柔軟なソフトウェアに委ねたジョブズの決断は*1 は正しかったと思います。

後の記事で詳しく言いますが、分厚い説明書を読んだり、UIを暗記しないとろくに使えないような製品はデザインとして失格なんではないでしょうか。


先ほど本家サイトで挙げた記事【スマートフォン いまだに買わぬ その理由 「値段が高い」が半数を超え】でのインターフェイス周りの件。これについてシンプルかつ非常に分かりやすい解説をしているんだね、ここ。確かに知らない人にしてみれば、パズルを解くようなインターフェイスであることに違いは無い。海外の人から見れば、日本のケータイの操作ぶりが異常に見えるのも当然なのかもな~とも思ったりする。

本家記事では書き損じた、というかあえて書かなかったけど、iPhoneなどの入力インターフェイスのオプションとして、普通のケータイと同じようなキーを表示させて、同じように入力させるモードを加えたら、今のケータイユーザーもスマートフォンに移行しやすくなるかしらね。

......本末転倒か(笑)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年12月17日 08:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「大きい事はいいこと......かもしれない」です。

次の記事は「ニューヨーク ピザ バーガーとXbox360「Kinect」がドッキング企画」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28