「長門有希ちゃんの消失」第二巻 読了

| コメント(0)

『「長門有希ちゃんの消失」第二巻』



【「長門有希ちゃんの消失」第二巻アマゾンで受付開始】などで紹介した、『涼宮ハルヒの憂鬱』の1エピソード『涼宮ハルヒの消失』における「消失世界」を舞台にし、さらに本作とは違った「IF」の世界をややコメディタッチで描いた漫画の第二巻。以前YouTube上で無料公開された後にOVA化された『涼宮ハルヒの憂鬱』のパロディ・コメディタッチ版『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』と同じ作者ぷよ氏が描く、非常に稀有なポジションの作品。

作者本人も語っている「リビルド」という言い回しにもあるように、本作の世界から「不思議要素」を一切取り除いた上で「消失世界」を創生し、さらに状況設定を一部いじった形にして再構築をかけたもの......という感じの作品であることが、二巻を読み終えてしっかりと把握できた感じ。

ストーリー本編について触れるとネタばれになるので避けるけど、並行世界モノとかまともな「もしも」モノには前提条件というか暗黙の了解になっている、「何か違った作用が働いて変化を見せても、歴史は元の筋道に戻そうとする力を働かせる」という香りがあちこちでしてきた。これはこれで今後の展開が楽しみだったりするけど......どう幕引きさせるのかしらね。

それと。これは当方の思い違いかもしれないけど、一巻と比べて絵の質が安定感を伴って向上した感がある。良い傾向でござる。


※追伸:読み直してみると「不思議要素」(要は原作の設定・ストーリーライン)が残っている描写がいくつか見受けられる。これはどうしたことだろう。これもまた最終的に全部つながりを見せるのかしら。。。


(最終更新:2013/08/31)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年11月26日 17:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「Jコミ」スタート。初日は「ラブひな」効果か、やっぱりアクセス殺到」です。

次の記事は「モルモットの行進だっ「ざっざっざっざっ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28