【更新】猛暑で「あずきバー」も売れまくりでござるの巻

| コメント(0)

[売れすぎ「あずきバー」、年3億本態勢へ 井村屋が増強]



井村屋グループは、主力商品「あずきバー」シリーズの生産能力を3割引き上げ、年3億本以上に増強することを明らかにした。今夏の猛暑で需要に生産が追いつかず、約2億円分(約700万本)の売り上げを逃したため。津工場(三重県)の製造ライン1本を約4億円かけて来年5月までに新型に更新する。 浅田剛夫社長は「24時間休みなしでも需要に応えられなかった。設備を整え、年3億本への挑戦を始めたい」と話した。


11月11日に発表された

「あずきバー」をはじめとする冷菓商品は、猛暑の影響を受けて76億39百万円(前年同四半期比5億69百万円増、108.1%)となりました。特に当社の代表的な冷菓商品である「あずきバー」は、第2四半期までの累計では1億87百万本(前年同四半期比26百万本増、115.8%)となり、姉妹品の「ミルク金時バー」「宇治金時バー」を加えた販売本数は2 億14百万本(前年同四半期比30 百万本増、116.1%)となり今期も記録を更新しましたが、一部お客様の需要にお応えすることができなかったこともあり、今後の課題として取り組んでまいります。


とあり、今年の酷暑が要因だったことが分かるね。まぁ、【ガリガリ君がこの猛暑で炸裂売れまくり、品切れ状態続く】にもあるようにガリガリ君もしこたま売れたわけだし、あずきバーもしかりってところかな......とか書いてたら食べたくなってきた。このタイプの記事の一番のリスクはこれなんだよね(笑)。

でも来年冷夏だったらどうするんでしょ?

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年11月15日 20:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「モバゲータウンで「テルマエ・ロマエ」の無料ゲームが展開中」です。

次の記事は「サークルKサンクスの「天使のチーズケーキ」が早くも100万個突破」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28