必要時には「私、酔っ払ってます」と自動的に追加書き込みしてくれるソフト

| コメント(0)


【ソーシャルメディアは女性上位】【ソーシャルメディアの現状が分かるバイラルビデオの新作「Social Media Revolution 2」を視聴してみる】にもあるように、ソーシャルメディアにおいては女性の進出が目覚ましい。それと共に、キッチンドランカーをはじめとして、酩酊状態でソーシャルメディアにアクセスする人、とりわけ女性の姿が目に留まるようになったという。そこで開発されたのが、Firefoxのプラグインソフト、Social Media Sobriety Test。

このソフトを使ってソーシャルメディアにアクセスしようとすると(というよりネットにアクセスしようとすると)、立ち上げ時にいくつかの反応テストが実施され、それに失敗するとアクセスそのものは出来ても、書き込み時に「●×は今、無茶苦茶酔ってます」と併記される仕組みになっている。まぁ実際にそんな書き込みしようものなら、酔いがさめてからむっちゃ恥ずかしいんで、アクセスそのものをしなくなる......というのが狙いだね。

ちなみに元記事では「夜中にアクセスしようとすると、酔って無くてもカーソルの操作ミスとかしちゃうんだよね」という失敗談を紹介している。そこまで言ったら、USB接続でアルコールチェックテストの外部周辺機器を用意しないとだめじゃないのかな(笑)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年11月 6日 21:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【更新】「見える化」は良い話。でも......?」です。

次の記事は「ジュースのアルミ缶からステキな小物入れを創る魔法の動画」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28