ウインナーとソーセージの違い

| コメント(0)

【播州ハム工業所】



・よく、「ウィンナーとソーセージの違いは?」というご質問を頂きますが、ソーセージという大きなカテゴリーの中にウィンナーソーセージという種類があるとご理解いただければ良いかと思います。

・日本農林規格(JAS)では肉の種類や燻煙の有無には関係なく、ある一定の基準で作られたソーセージのうち、羊腸もしくはこれに準じた太さのケーシング(製品の太さが20mm未満)のソーセージに対しては「ウィンナーソーセージ」という名前をつけることができます。

・ウィンナーソーセージ(羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満)、フランクフルトソーセージ(豚腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm以上36mm未満)、ボロニアソーセージ(牛腸を使用したもの、又は製品の太さが36mm以上)・・・ただし、あくまでも日本での分類です。


ちょっと前に【魚肉ソーセージの生産量の移り変わりをグラフ化してみる】などで魚肉ソーセージ絡みの記事を連続して挙げた際に、調べた事柄の中の一つ。魚肉ソーセージはあっても魚肉ウインナーってのは聞いたことがないよなぁ、ということで没ネタに。でも後でどこかで使うかもなということで。......魚肉ウインナーっぽいのってあるような気がするんだけど、やっぱり「つける"ことができます"」だからつけてないのかしらね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年10月29日 08:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Googleショッピングの衝撃でカカクコムの株価が大暴落したでござるの巻」です。

次の記事は「赤いウインナーの秘密」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28