東芝から生野菜をそのまま冷凍可能な冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」登場

| コメント(0)

【野菜の鮮度とおいしさを保つ冷凍冷蔵庫「VEGETA(べジータ)」シリーズの発売について-業界初注1、下ゆでせずに生野菜をそのまま冷凍できる「野菜そのまま冷凍」モード搭載-】


野菜室では「W‐ツイン冷却」と新「ピコイオン」ユニットによる、約95%注4の高湿度、温度安定性、除菌注2の効果で、野菜の鮮度とおいしさを保ちます。「ピコイオン」の放出量を約3倍と増やしたことにより、野菜室の他、冷蔵室、チルド室、卵ケースの除菌注2も可能となりました。また冷蔵室用冷却器についた水分を利用するため、給水もお手入れの手間も不要となりました。野菜、食材を取り出す際にかがむ必要のない「まん中野菜室」のレイアウトです。

新たに採用した業界初注1の「野菜そのまま冷凍」は、野菜を下ゆでなしで生のまま冷凍できる専用モードです。PMV搭載の「W‐ツイン冷却」により高精度の冷凍能力でゆっくり冷凍することで、野菜の組織へのダメージを抑えることが可能になりました。冷凍した野菜は、取り出してそのまま煮物料理や炒め料理などに使えます。野菜を下ゆでしないためビタミンC残存率も約1.3倍注5になります。さらに、「W‐ツイン冷却」による冷凍能力の向上により、業界最速注6の約50分での製氷が可能です。



「生の野菜をそのまま冷凍できる」のが特徴だから、ベジタブルからとって「ベジータ」。いやぁ、ネーミングの理由は分かるんだけど、どうしてもやっぱり、「ドラゴンボール」のベジータを想像しちゃうよね。冷蔵庫だったら今度は「フリーザ」とかも出てくるんじゃないかなと思ったりするのは当方だけではないはずだ(笑)......ああ、ホームフリーザーならもうあるのか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年9月22日 21:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「3Dで動く初音ミクとおしゃべりできる時代」です。

次の記事は「ふわふわスフレ(山崎製パン)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31