来年は卯(うさぎ)年。だから純金製のうさぎです

| コメント(0)

【田中貴金属ジュエリー、2011年干支の卯を純金で製作した季節の工芸品を販売開始】


GINZA TANAKAでは、2011年の干支である卯(ウサギ)を純金で製作した置物シリーズや切り絵金箔額、純金・純銀製のぐい呑み、金箔・プラチナ箔ボールペンなど、伝統職人の技を極めた工芸品の新作6アイテム17種を2010年9月17日(金)より販売開始します。

GINZA TANAKAでは毎年、縁起物である干支をテーマにした純金製の置物や根付、切り絵金箔額などの工芸品を製作し、開運招福を願うお客様にご好評をいただいています。純金製置物シリーズの2011年版“卯”は、新作4点を含む6点をご用意。卯は穏やかな様子から家内安全、跳躍する姿から飛躍を表すとされ、干支の中でも人気の高いひとつです。

数々の賞を受賞している金工芸界の重鎮・津田永寿氏の原型による「卯」(税込参考価格1,584,000円 ※金税込小売価格3,600/gの場合)は純金200gを使用し、エレクトロフォーミング(電気鋳造/電気を使用して基となる型の表面に金を付着して製作する)製法で、跳躍前の顔の表情や耳の角度、背中の滑らかな曲線から細かいフォルムまで表現した逸品です。また、現代の名工・美秀氏や人間国宝・奥山峰石氏の原型による新作も登場します。


純金200グラムを使ったうさぎの置物。干支がうさぎだから云々といわずに、ずっと置いておけるゴージャスな一品。サイズは17.5×13.0センチとのこと。金価格高騰しているから、また価格がボンガボンガあがっちゃうんじゃないかなぁ。そういう意味では末長く資産として保存するのにも良いかもしれない。なんか顔を見てるとキャプションに「キリッ」とかつけたくなる(笑)。

さすがにこれは無理でも、同時発売の餅つきウサギ(20グラム、25万円)くらいは買えるような生活を贈りたいものです(´・v・`)

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年9月16日 20:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「いよいよ来るか、日本にも!? 「日本語Kindleストア開始に備え、電子書籍ビジネスの基本を総まとめ」」です。

次の記事は「無茶言うな「環境自動車税、軽自動車は4倍強の増税に」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31