シンプルな電子黒板「ブギーボード」、国内ではキングジムが発売

| コメント(0)


【アメリカで20万台以上を売り上げる大ヒット!新感覚の電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」キングジムより販売開始~ 収納ポーチ・スタイラスホルダーも同時に販売開始 ~】

株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、アメリカのKent Displaysの子会社であるiMPROV ELECTORONICSが2010年よりアメリカで販売している電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」※1の日本国内での輸入販売を2010年10月15日(金)より開始いたします。

「ブギーボード」は、感圧式の液晶画面を採用し、付属しているステンレス製のスタイラス(描画用のペン)の他、指先などでもパネルに描画することが可能な電子メモパッドです。ボード上部にある消去ボタンで描画したものを一瞬で消去することができ、約50,000回※2の書き換えが可能です。あらかじめ本体にコイン型電池を内蔵しているため、新たに電源を供給しなくても画面表示を維持することができ、消去時以外は一切電力を消費しない設計となっております。

紙のメモやノートに比べてペーパーレスで環境にやさしい上、本体はA5サイズ程度の大きさで最薄部が3.2mm、重さが115.8gとコンパクトで軽量なため、外出時の持ち運びにも適しています。また、本体は軽量プラスチック製で着脱パーツもなく、お子様でも安心してご使用いただけます。オフィスでは、電話メモやアイデアシートに、ご家庭では、家族の伝言メモやお子様のお絵かき帳、字の練習や計算等の勉強にと、オフィスからご家庭など、様々なシーンで幅広くご活用いただけます。


......ということで以前紹介したBoogie Board(ブギーボード)が日本でも正式に発売されることに。耐久年数は1日10回の書き換えで13年以上(5万回の書き換え可能)。ちょっとお高めだけど、ハイソな感じがして気にいる人も多いかもね。サイズは222×141ミリのA5サイズ程度。重量は115.8グラムとのこと。

アマゾンではまだ在庫が確認できないけど、『楽天市場』で予約受付を確認。まぁ、「気にいった」という人はどうぞ。


(ソース:【ツイッター】


(最終更新:2013/08/22)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年9月 4日 20:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「わたしゃうれしいかどうかよくわからないよ」」です。

次の記事は「最新号のホビージャパンには折り畳み式の自転車モデルが。しかもこれ、実は......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31