芝刈りを数理的に大研究

| コメント(0)
いろんなパターン
↑ いろんなパターン

日本じゃ滅多に見られない情景だけど、広い庭を持つ家が多いアメリカでは、結構ありがちな「芝刈り機を使った庭の芝刈り」。この芝刈りについて、どのようなルートならキレイに、そして合理的に刈れるかについて検証した記事。このパターンなら曲がる回数は少ないけど、最後に芝刈り機が庭の中央に留まってしまう(そこから倉庫に戻す際にせっかく刈った部分を痛めてしまう)とか、結構真面目に検証している。

まあ、こういうもののとらえ方もありかな、という覚え書きみたいなものとして。


(ソース:【Popular Mechanics】

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年7月 7日 20:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「目の覚め具合が痛いほどよく分かるポスター」です。

次の記事は「「あのイチゴは私のものだニャ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31