最新号の小学一年生が3D野郎で凄いらしい

| コメント(0)

↑ (当方で付録の表記順序一部書き変え)
↑ (当方で付録の表記順序一部書き変え)

【3D野郎マストバイ!今月の『小学一年生』がスゴい】

小学館「小学一年生」の今月号(2010年8月号)はすごい!
「8月号はとびだす小一!3D大特集!」とアオリが入っていますが、これが意外なほどの本気3Dなのです。アナグリフ(赤青メガネ)もセロファンのぺらぺらの眼鏡ではなく「赤青3Dじょうぎ」ことプラスチック製の折りたたみ式定規がふろくにイン!これでお値段700円!



ステレオ写真方式の「立体シアター」、それとアイディアの勝利な(精度は今一つのようだけど)折りたたみのプラ定規で携帯可能な赤青メガネ。いやぁ、この発想は正直無かったわ。元記事の体験談によると、その道のプロ作成のため、付属している写真の「飛び出し」度もしっかりとしているとのことで、素晴らしい出来栄えとのこと。

マジで当方も早速一つ、アマゾンで注文してしまいました。【エリア情報誌はキビシいのです・その他色々な雑誌部数の変化をグラフ化してみる(2010年1~3月データ)】にもあるように「小学~年生」シリーズも苦戦しているけど、こういうアイテムが出てくると、俄然応援したくなるね。


(ソース:

カテゴリ:

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年7月 5日 19:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「あるあるある」なコンセントの困りごとを解決してくれる「Pivot Power」」です。

次の記事は「宝くじで4回億万長者になった人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31