レゴのミニフィグは最近被り物ブームというかウケがいいことから積極的にレゴ側でも展開しているようで、けれど特定セットとか少数パターンでしか提供されないことが多々あり、後々に収集する時に大変なことになったりする。

今回ヤフオクで目に留まった、木の被り物もその一つ。ちょっとした舞台劇に登場しそうな、すぐにそれは正体がバレるだろう的な被り物。でも結構間が抜けていて好き。いくつか並べて行進させたいぐらいの良さ。でも見た事自体は確かにあるけど、機会はあまり無かったような......。

ということで改めて精査をしたところ、現状では山のポリス指令基地(60174)のセットに入っているだけだった。ミニフィグシリーズとかにも無かったかな。



夏の新作ラッシュとともに今後の発売予定がぞろぞろ出てきているレゴ界隈で、なんかいつもと違った動きというかざわめきがちらほら出ている。先日、それをまとめる形での記事が紹介されていた。というか公式見解が出たのでまとめられたのか。

かいつまんで紹介すると、新作として登場予定の「T.rex Rampage(75936)」が、以前Ideas(ファンからの自作投稿を披露しあって1万件の支持が集まったらレゴ社側で製品アイディアとして採用するというドリームカムズトルゥーな企画)で1万件の支持が集まった作品に似ているよとの指摘があり、まったくの新作のふりをして企画をパクったのではないかとの話が出ていた件。

これについてレゴ社側から公式な声明が出たとの事。いわく「盗作じゃないよ、ずっと前から計画していたよ」。



気軽に手に入るという観点もあり、定期的にアマゾンで検索している、海外のミニフィグ付きの本の新作情報。他にもドイツ語ならいくつかあったのだけど、さすがにドイツ語は読む気にならないのでパス(実のところ、ミニフィグは世界共通だからかまわないのだけどね)。


まずはジュラシックワールド。小さな恐竜のミニフィグとオーウェンが入ったレゴ本。さほど珍しいというわけじゃないけど、オーウェン好きならポイントは高いかも。そういう人がいるかどうかってのは別として。


レゴデザイナー氏とミニフィグ

| コメント(0)


単にシャツが同じだけでは、という脳内ツッコミをした後に、シャツそのものが汎用的なものでは無いし、上方とかあごひげ回りとか見ても、やはりモデルとなった存在の可能性が高いよなあ、眼鏡のある無しぐらいだし、という確証を得たりする。というか、近未来的な世界観のあるニンジャゴーとはいえ、このシャツを出すのはやっばり人物を特定した上で、の事なのだろう。ある意味、羨ましい。



そもそも日本で該当商品が展開するかどうかも分からないので現時点では日本国内での報道は皆無に等しいのだけど、イケアとレゴ社がコラボをするよというお話が。公式リリースも確認できているので間違いない。

詳細はまだ皆目見当もつかないってレベルだけど、コラボで登場する商品は2020年には出てくるだろうということが書かれている。



先日2019年の通年カタログの取得の話をした際に「そういや6月発売の新作でクリエイターのペットショップとかメリーゴーランドみたいなやつがまだアマゾンに登録されていない」という話をした。版権物じゃないんだし、この時期にまだ登録されていないとなると、発売が8月あたりに延期になったのかな、とも思ったりして。

でももしかしたら他の作品同様に6月7日発売で、発売当日登録パターンかなと思って朝一で確認したらその通りでしたとさ、というお話。まぁ、延期とか中止とか取扱無しとかいうのでは無くてよかったね、と。

デザインはいずれも見覚えがあるのばかりで、数年前の別モデルの焼き直し感は否めない。もっともよいものはいつのものだっていいんだし、すぐに確実に手に入るのだから嬉しいと思わねば......って値段を見たらちょっと高いよな、とか。



先日足を運んだトイザらスで目新しいレゴのカタログが目に留まったので手に取ってみたところ、なんと2019年1-12月分、つまり通期版のカタログだった。そういやもうそんな時期だなということで売り場を確認したら、ヒーロー編、なかよし編、デュプロと3種類全部が更新されていたので、すかさずゲット。もうちょっと後の配布かと思っていたのだけど、今年は早かったような。


最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


最近のコメント

最近の記事25件

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com