情報の最近のブログ記事


レゴではイベントとか販売戦略の都合から、地域限定での商品展開を行う事が結構ある。商品としては公式品としての流通なので、レア度は激上がりになるし、イカスセンスのものが多いので、欲しいよね、絶対にって感じになる。単行本の店舗特典みたいなものだ。

で、昨年末のアジア地域向け、実質的には中国向けの例のドラゴン祭りとか旧正月のお食事セットとか、あとは一部店舗でのレゴザムービー2のブリックヘッズとかは超絶人気だったようで、「なぜうちの地域では売って無いのか」というクレームが殺到したらしく、「それじゃ今後はそういうのは止めましょうか」ということになったらしい。

具体的には2019年5月1日以降において、新しく登場する地域限定品とかショップ限定品の類については、その限定販売開始から3~6か月以降になるけど、公式のオンラインショップとかレゴブランドストアでも購入できるようにするよ、というもの。元記事では例のドラゴンボートレース(80103)が最初の適用になるのではないかな、という憶測もある。


フレンズの夏の新作発表

| コメント(0)


次々と夏の新作、下手をすると6月1日ぐらいから発売されるかもな、という話のラインアップが出てくる中で、フレンズの新作も確認。ただ、速報という事でとりあえず2つのみ判明したよとのこと。

注目はシティレストラン。一応、フレンズという事ではあるはずなのだけど、ロ位の使い方とかデザインスタイルとか、もうほとんどシティそのものと同じ。イタリアっぽい雰囲気とか小物のパーツの使い方とか、センスがしびれちゃう。数年前に登場した二階建てのパン屋さんみたいな感じで、これは2つは欲しいところ。


人気のレゴブロックからどなたでも気軽に始めやすいミニセットが登場。「レゴシティ」「レゴアベンジャーズ」「レゴマインクラフト」の人気シリーズをラインナップし、初めてのお子様にも組み立てやすく、楽しく遊べるセットで発売!ちょっとしたお土産やプレゼントにも最適です。

以前家電取扱店などで展開していた「かんたん!たのしい! レゴミニセット」の筐体。結局続編的なものは無くて事実上廃止ということになり、トイザらスなどで類似のおすすめ品を並べる筐体が確認されたという話まではしたのだけど、先日その流れをくむ新しい動きが。ローソンでポリーバッグの新作が購入できるとのお話。

ラインアップは「シティ空飛ぶポリスミニセット」「アベンジャーズミニセット」「シティ消防ミニセット」「マインクラフトミニセット」。いずれも税込648円。ああ、あの「かんたん!たのしい! レゴミニセット」はこんな形で生まれ変わったのね、的な。

まぁ、コンビニにしてみればさほどスペースは取らず、1袋で平均客単価分ぐらいのセールスが期待できるのだから、悪い話ではあるまい。たばこのように短期間でのリピート買いは期待できないけど。


夏のクリエイター新作登場

| コメント(0)


昨日は色々と情報が開示されたようで、夏の新作シリーズとしてクリエイターのあれこれが公式に発表された。目玉として挙げられているのはCarousel (31095)。要はメリーゴーラウンド。巨大なものはすでに公式店専門店ので発売済みだけど、あれはパーツ数も多いし高いしで、高嶺の花。それと比べれば手に届きやすいものとなっているのが高ポイント。



海外の情報サイトでトイストーリー4の新作が確認できたよとの話。今年の新作カタログにちらりとその姿は見せていたし、事前告知での情報露出は結構あったので、いよいよ店頭に並ぶことになるのか、日本ではどうなんだろうかなということでアマゾンで検索をしてみたら、すでに登録されているどころか発売を始めていた。いや、あれ、なんだこりゃ。予約受付開始とかじゃなくて、もう注文すれば届いちゃうっての? ある意味サプライズではある。



昨年末あたりから登場した、アジア地域限定の中国風なレゴの大型セットシリーズ。例の大みそかの食卓や正月のドラゴン乱舞のお祭りはすでに発売済みだけど、名前だけ出ていたドラゴンボートレース(80103)はなかなかセットイメージすら出てこずに、やきもきしていた人も多いはず。そのイメージがようやく出てきたというお話。

現時点では定価などについては一切不明。ミニフィグは15体。実際のドラゴンボートの祭りが6月7~9日開催とのことで、それより前の5月か6月には発売されるだろうという推測が出ている。まぁ、お祭りの後で発売ってのも間が抜けているし。



ノートルダム大聖堂の火災に対しBuild Better Bricks と The Brick Show Shopが共同して大聖堂のミニチュア版レゴセットを作成。30ドルで販売され利益はすべて聖堂の修復に寄付される。限定100セット......という話。

まぁ、対応は早いし造形もミニタイプのものにしては随分とよく出来ているなと感心することしきり。売上では無く利益の、だけと、そのすべてを寄付するというのもシャレている。LDDデータをダウンロード販売するようにすれば、利益をもっと大きくできるから寄付額も増やせるし、数を限定しなくてもいいかもね。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは後日談・補足です。

次のカテゴリは散策報告です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com