類似商品の最近のブログ記事


先日正規代理店を介して日本に再参入した、ドイツ生まれのシルバニアファミリー的なミニチュア玩具プレイモービル。いいよねぇ、と目をつけていた「女性警官と二輪車(6877)」を結局調達してしまった。折角だし、レゴで同じようなものを作りたいなと思っていたところでもあったし。

直輸入版のはネットでしか見たことが無かったのだけど、それでは見かけなかった、日本語での細かい説明が箱裏にぺたりと貼り付けてある。レゴで同じようなことはしていないから別にいいような気もするけど、やはり難しいのかな。それにしても裏の部分のデザインが分からないのはちょっと困る。


プレイモービルが本格的に日本再上陸

| コメント(0)


レゴと並び紹介されることが多い、ドイツ発の知育玩具「プレイモービル」。海外の画像収録サイトだとレゴとごっちゃにされててややこしいところもあるんだけど、レゴのようなブロック様式ではなく、もう少しまとまった形での提供で、パーツを自在に差し替えるなんてことはあまりできない。どちらかというとシルバニアファミリーみたいな感じ。

で、そのプレイモービルは以前代理店経由で正規輸入されていたのだけど、契約が終わってしまって、先日までは直輸入とかの形で日本に入って来ていた。それが11月15日付で(実際にはもう少し前に出ていたようだけど)ホットトイズジャパンが正規代理店となってもりもり展開を始めるとのお話。



先日クリーニングが終了したジャンク品のレゴの中に混じっていた謎のフィギュア。足の部分は間違い無くレゴ公式のものなんだけど(刻印確認済み)、胴体部分がどうも見覚えが無い。戦士系のものとは思うのだけど、手の取り付け部分が前世紀のスケルトンのようなふらふらとしたものだし、第一胴体部分に立体的な装飾がついている。

レゴの胴体部分(トルソー)って原則として平面で、ブリントによって色々と装飾が描かれているので、立体的な造形は存在していないのだよね(もしかすると昔のものでごく少数あったかもしれないけど)。

中もよく見てみると足のでっぱりに接続する部分が金属製だし、もしかしたらレゴ互換品の怪しいアイテムの類なのかなあ、これは。



ヤフオクでレゴ関連商品を巡回していると、色々と頭を抱えるようなケースにも遭遇する。幸いにも当方自身はまだ詐欺的な商品の被害にあったことはないけど、評価事例を見るとそういう類のものが出回っているのは事実ではあるし、倫理的にどうだろうというのも少なからず見受けられる。出品者が自分の気に食わない入札動向になるとすぐに出品を取り消してしまうとかね。

今件はそういう話とはレベルの違う問題感のあるもの。見た事がある、今ではレアとなった大型トラック...ではあるのだけど、よく見ると違和感。ロゴがそもそもレゴじゃなくてLE●INになっているし、そのロゴが微妙に歪んでいる。フォトショでももう少しきれいな合成するだろ、的な。


レゴの類似品とヤフオクと

| コメント(0)


この一か月ほどの間はヤフオクでレゴを色々とサーチしたり物色したりしているのだけど、検索条件をいくつか工夫しても、どうしても互換品やら類似品やらも検索結果に並んでしまう。そもそもレゴじゃないのだからレゴカテゴリに登録するってどういうことなのよ。

タイトルとか本文にちゃんと互換品って説明してあるのならまだいい(あまりよくない)。中にはこういうものもある。パッケージの置き方で真正面とやや斜めからってのは別として、デザインそのものが丸写し。まぁ、一応空の境界線の部分を多少ずらしているけど、キャラとかロゴとかミニフィグの配置とか、これってコピペだよね。ロゴは差し替え、商品番号や対象年齢も入れ替えているけど。百歩譲ってレゴの版権云々は別として、ハリポタの版権はどう考えてもパスしてないだろ、という感じ。



転売品の話がちらりとツイッターのタイムラインに上がっていたので、ネタ話として。先日ちょっとだけアマゾンでも登録された、レゴのマーベルアイアンマンのポリーバック。元々マーベル製品は人気があるということに加え、普通は販売されること自体が希なポリーバックだったものだから、瞬間的に売り切れてしまった。で、そのあと転売ヤーが暗躍して、マケプレとかヤフオクでは転売品が乱舞状態。相場としては2500円前後かな、と。

で、【「かんたん!たのしい!レゴミニセット」のコンビニ版確認】でも触れたように、このセットが突然コンビニで安価にて手に入るようになったからさあ大変。告知直後から大幅に値崩れが始まって、タイトルではレアとか貴重品とかいう煽り文句も派手なものとなり、今では1000円前後となったり、さらには価格はコンビニ販売品と同程度なものの、手数料とか配送料に利益を上乗せするような状態に。よっぽど利ザヤを当て込んでまとめ買いしたのかなあ、という気がする。

さらにはコンビニ販売品発売決定前の動きを見て、互換品業者が慌てて作ったものがようやく出回り始めたらこんなことになってしまい、結果として投げ売り状態だったりする。まぁ、この類のものは得てして投機的なものたし、あるいは山師ビジネスみたいなものだから、空振り三振したとしても、それは自業自得。


なぜわざわざパチモノを作るのか

| コメント(0)


レゴの互換品は山ほどあってそれなりにブランド力を持つものもあるけど、多分にそっくりさんだったり違法的なコピーだったりするので、なんでやねーん、というツッコミが正直脳内駆け巡るモード。しかも指摘されている通り、レゴの劣化コピー的なセンスと方向性だったりするので始末に負えない。

ブロックの基本部分は意匠云々の問題は無いので別に真似てもいいんだけど、何でそれ以外のところまでクリソツにするかな、という気はする。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち類似商品カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは速報です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com