の最近のブログ記事

Hospital Heist! (Lego City)完成

| コメント(0)


諸般事情でレゴの類はパーツも含めて、購入してもほとんど手が付けられない状態ではあるのだけど、そのような中でも先日届いた「Hospital Heist! (Lego City)」はさくっと仕上げてしまった。まぁ、以前に似たようなハリポタのレゴ付本もすぐに手掛けて記事にしたからってのが一番の理由なんだけど。

で、これは絵本仕立ての病院内でのドタバタ劇と、それを再現できるセットのレゴ入りというスタイル。日本でもこの類の本がどんどん出ればいいと思うのだけど、オリジナルのはほぼ壊滅だし、英語の訳したものが出ることはあっても、テーマ的に日本とマッチする者はあまり見かけられない。アンパンマンとかひらけポンキッキとかのが見たいよなあ、とか。



先日出回り先で見つけた、レゴの新カタログ...っぽいもの。シティは2019年通年版のままだし、何でフレンズだけ更新されているんだろう、第一まだ8月だってのにと思って中を見てみたら、厳密にはレゴの製品カタログでは無く、世界観を知ってもらうためのサポートブックみたいな感じのものだった。ナショナルジオグラフィクス協賛。



気軽に手に入るという観点もあり、定期的にアマゾンで検索している、海外のミニフィグ付きの本の新作情報。他にもドイツ語ならいくつかあったのだけど、さすがにドイツ語は読む気にならないのでパス(実のところ、ミニフィグは世界共通だからかまわないのだけどね)。


まずはジュラシックワールド。小さな恐竜のミニフィグとオーウェンが入ったレゴ本。さほど珍しいというわけじゃないけど、オーウェン好きならポイントは高いかも。そういう人がいるかどうかってのは別として。



先日足を運んだトイザらスで目新しいレゴのカタログが目に留まったので手に取ってみたところ、なんと2019年1-12月分、つまり通期版のカタログだった。そういやもうそんな時期だなということで売り場を確認したら、ヒーロー編、なかよし編、デュプロと3種類全部が更新されていたので、すかさずゲット。もうちょっと後の配布かと思っていたのだけど、今年は早かったような。



先日ハリポタの2in1的なブロック入りの本を紹介したばかりだけど、検索方法を少々工夫してみたら、似たような本が発売予定、あるいはすでに発売済みだったりするのを次から次へと見つけたりする。できればシティ系のが望ましいのだけど、出てくるのは大体ニンジャゴー。やはり海外でもニンジャは人気なのか。

で、ニンジャゴー以外の者で当方自身が目に留まったものを2つほど。まずはスターウォーズの本。ついてくるのはミニフィグ1体と小型の宇宙船。ミニタイプのセットぐらいなレベルの出来で、かなりカッコイイ。



毎日のレゴ系書籍の検索では出てこなかったのだけど、タイトル名で検索しなおしたらちゃんと収録されていた件。まぁ、タイミングの問題だろう......ってことで、結構ガッツリ感のあるレゴ入りの書籍。

ハリポタの映画シーンをいくつか再現したもので、クリエイター的な2in1のスタイルをしているのも珍しい。発売は7月4日で価格は16.33ドル。



アマゾンでは日本語のサイトでも一部洋書が容易に購入できるので、定期的に洋書のレゴ関連本を検索して、何か面白いものがあればチェックをしたり購入をしている。中でも特別なミニフィグがオマケとしてついてくるのは、とても得した気分になれる。

そんな中でもニンジャゴー関連のはミニフィグ付きのものが多い。これは発売がちょっと先だけど、TEEN WUのミニフィグ付きの本。単価を考えるとちょっと手は出せないかなという気もするのだけど、世界観が好きな人にはたまらない。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新商品です。

次のカテゴリは画像です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com