画像の最近のブログ記事

さいたま新都心駅のレゴストアを探索

| コメント(0)


出張帰りに折角だからとさいたま新都心駅のレゴストアに足を運ぶ...というか経路の関係上、出張時で無いとこちらのレゴストアには行けないんだよね。結構整備されているしアイテムもあるんだけど、自宅などからの距離がちょっとありすぎて。

で、探偵事務所を眺めながらあいいなぁ、とため息をつきながらも、ピックアブリックでいいのがないかとか探していたけどお目当てのものは無く。代わりに関東では東京LDCにしか無かったはずのxtraシリーズが一部だけではあるけど確認。いいよ、いいよ、これはとてもいいよ。


噴射表現の公式方法とか

| コメント(0)


先日から続々情報が出ている、2019年1月1日...というか現実としては今年の年末から発売されるレゴの新作情報。このタイミングでそろそろ来年向けのカタログも配布されるはずなので、トイザらスとかのチェックも欠かせないのだけど、マーベル系の新作も色々と出てきたので、その中で気になったものを。

特定の商品が、というわけでは無く、公式のセットでこんな表現の仕方が行われるようになったのだなあ、ということでチェックをば。

水とか炎のエフェクトパーツは今年に入ってから多彩なものが出てきたのだけど、これまでは水芸的なものとか攻撃の際の発射ビジュアル的なものとして使われてきた。で、今回登場したセットではこんな感じで、足元に付けて、水の噴射というかジェットによる移動を演出している。そのままだと当然立たないので、先の部分を別パーツで固定して円タイルを台座にしている。ああ、この方法があったのか。見た目的にもそれっぽいし、なるほど感が山盛り。



先日相次いで中国の不法レプリカ業者の差し止めに成功したレゴ社だけど、同時に中国への本格展開をしているという話もリリースに上げらていた。教育関連に食い込んだり、色々とプロモーションを展開しているそうだ。個人的には過去の他の事例にもあるように、痛い目に会わなきゃいいけどねぇという気がするけど。基本的に今は独裁国家なんだし。

で、その中国向けのプロモーションの一環として、中国向けの専売パッケージを2019年1月1日から発売するという話が。これまでもシンガポール限定とかいうのはあったけど、中国向けってのは今回が初めて。原文では「the China and Asia Pacific Markets」とあるので、中国以外でも発売はするようだけど、Asia Pacificに日本が含まれているか否かは現時点では不明。一応公式のツイッターアカウントに問合せはしてるけど、返事が来るか否かは分からない。まぁ、日本で出してほしいのは確かではあるし、アマゾンに登録されたらもりもりリストに掲載しよう。



お台場のビーナスフォートのクリックブリック店の代わり的な存在として、お台場のダイバーシティ東京にレゴストアが新設されることになり、その開店日が昨日の11月2日。開店初日ならピックアブリックとかビルドアミニフィグにスペシャルなアイテムがあるかもしれない...という淡い願望を胸に抱いて、時間を確保して来訪。

店舗集合建造物の構造として、時間までは該当エリアそのものが立ち入り禁止になっており、開店前に行列というシーンが撮れなかったのは残念。まぁ、それでも開店一番乗りを果たす事は出来た。何ももらえなかったけど(笑)。



昨日はちょいと遠出の出張で、そういう時に限って電車が大幅な遅れを来たし、帰りに至っては該当路線の電車のダイヤが無茶苦茶になっていていつ来るか分からない状態だったので、心が折れる前に手を打たねばということで、途中下車してさいたま新都心のレゴストアに。



日本のはまだまだ元気だけど、本国の米国とか英国では残念なことになってしまったトイザらス。10月のブリックトーバーとか今年はどうなるのかなという不安もあるけど、それはまださておくとして。

トイザらスのマスコットキャラクタ、長い首がアクセントのキリン、ジェフリーのブリックヘッズ(40316)が登場するとの話。発売は今年後半期らしく、一般販売になるのか店舗販売に限定されるのかは不明。トイザらスが残っている国のトイザらス店舗でも出るだろうね、ということだけどまだまだ謎な部分は多い。組み立て説明書も出ているので、ネタとかフェイクという話ではないのだろうけど......。



本来なら8月1日から発売予定の、レゴのミニフィグシリーズでのハリーポッターのミニフィグ。一部地域では7月26日から発売中のようで、購入した人の写真もちらほら出回っていたのだけど、先日足を運んだ某大手デパートのレゴ売り場に、すでにこっそりと置いてあったりする。というか一瞬目を疑った。

具体的にどのようなものが入っているかのサンプル展示は無く、箱に一堂が集まっている写真が掲載されているのみ。まぁ、それぞれのミニフィグの実情はすでに多数のサイトで公開されているから特に問題は無いのだけど。ちなみに価格は税別で390円。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち画像カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは紹介・レビュー・コラムです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com