パーツの最近のブログ記事

おさげパーツとミニフィグの精査

| コメント(0)


先日手に入れたジャンク品の自然乾燥がそろそろ終わった感じなので、とりあえずミニフィグだけでも精査を始める。一番の問題点はこのおさげパーツ。目玉アイテムでもあったのだけど、レゴの刻印が見つからない。もしかして互換品? ネットで色々検索してみたら、同じようなタイミングで似た悩みを抱えている人もいたし、マジこれフェイク?

正規品を持っている人に聞けば一発で分かるのだけど...ということでツイートしたら、正規品も同じようなものだとのご返答。ああ、よかった。けれどその後で色々と精査してみたら、古今を問わず、頭髪部分のパーツって、レゴの刻印が無いけど正規品ってのが結構あるのだよね。脚部でもいくつかそういうパターンを確認できた。色々と難しい話ではある。



先日某中古販売店に入荷された、レゴのミニフィグシリーズの中古品。時折まとまった形でレア的なアイテムが出品されるのは、その類のをまとめて買取依頼した人がいるからなのだろうなあ、という思いを脳内に抱きつつ精査していたところ、目に留まるアイテムが続々と出てきたので、さくりと注文。数日後届いたのが、この3点。

ひだりからねぼすけな子供、植物のモンスター、ハエ男。ねぼすけは頭部の寝ている表情とかパジャマとかがレアかつ使い出のあるアイテムで、まとまった数が欲しかっただけに、1つでも新たに調達できたのは有り難いお話。植物のモンスターとハエ男は異様な感があるけど、これでもちゃんとした公式品。ミニフィグシリーズの14で色々なモンスター系のが登場してて、展開当時は人気がほとんど無かったのだけど、後になって希少価値が出てきたというところ。まぁ、特異な情景には使えそうな気がする。


City People(6314)調達

| コメント(0)


先日アマゾンで検索をしていた際に覚えた違和感の対象品。価格もミニフィグ単価で計算すれば許容範囲内ではあるし、未開封品だから取りあえずオーダーしようかと注文した後で調べてみたら、30年近く前の商品だと分かってちょいとびっくり。

中身はまがい物でも何でもなく本物の正規品。確かに箱はひしゃげていたけど、中身はまったく問題無し。昔のシティのミニフィグセット的なポジションで、今でも1ダースぐらいの単位でのが登場するけど、かつては6体ぐらいのもあったんだな、と。

小物も随分とこじんまりしているけど、今では見られないパーツとかあるし、ミニフィグ自身も今と比べるとかえって斬新さを覚える......というか素朴感が逆にレゴっぽくて良い。


素材はEVA樹脂を使用しており、やわらかく安全性、耐久性に優れています。●内容/ブロック:84ピース●材質/EVA樹脂

先日検索中に見つけたネタ的なアイテム。子供との比較を見れば分かるけど、普通のレゴブロックサイズでは無くて、ちょっとした積み木サイズのもの。プラ製だと打撲武器になりかねないけど、EVA樹脂製なので柔らかアイテムっぽくなるからその辺は大丈夫。

しかしレゴの積み上げやすさとか組み立ての面白さをそのまま巨大化するってのは、ある意味卑怯ではある。子供なら絶対欲しいじゃん、これ。



先日某ネットショップで見かけたレゴのジャンク品。普段はざっと見でスルーしてしまうのだけど、商品構成の説明写真にいくつか気になるトルソーやら頭髪パーツがあり、互換品が混じっている可能性があります云々との説明もあったけど、これは気になるなあってことでブックマークをしておき、一晩かけて考え抜いた末に注文。それが先日到着した次第。

クリーニングはしてあるとのサイトの説明だけど、開封済みジャンク品を取り扱う時の作法として改めてクリーニングをするのが作法ではあるので、それの前の暫定精査を専用の手袋をしながら行う。16×16のベースプレート5枚はすべて純正品。これだけで価値は跳ね上がる。



昨年秋に紹介した、というか恐らくは初お披露目だった、レゴの袋詰めミニセット・ポリーバッグが販売されている販促什器「かんたん!たのしい! レゴミニセット」。人気のある無しが一目瞭然で、シティのホットドッグスタンドとかはすぐにさばけて、フレンズのウォータースライダーみたいなのは最後まで残っていたのだけど、結局年末ぐらいまでには全部さばけてしまっていた。今では他のおもちゃが暫定的に入っていたり、空っぽになっていたり。

複数の店舗でお店の人に何度か問い合わせもしたのだけど、補充とか新アイテムの入荷は未定。...というか、どうもお店側ではコントロールをしていないような口調。



アマゾンには海外の書籍も一部はそのまま日本で調達できるようになっていて、その中でレゴ系のを定期的に精査しているのだけど、今回確認できたのが、この「Hospital Heist!」。直訳すると病院泥棒。

表紙デザインを見るに、病人のふりをして病院内に忍び込んだ泥棒さんのお話らしいけど、いかにもレゴっぽい感じでいいよな、という気がする。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちパーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテクニック・アイデアです。

次のカテゴリはミニフィグです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com