パーツの最近のブログ記事


レゴのミニフィグは最近被り物ブームというかウケがいいことから積極的にレゴ側でも展開しているようで、けれど特定セットとか少数パターンでしか提供されないことが多々あり、後々に収集する時に大変なことになったりする。

今回ヤフオクで目に留まった、木の被り物もその一つ。ちょっとした舞台劇に登場しそうな、すぐにそれは正体がバレるだろう的な被り物。でも結構間が抜けていて好き。いくつか並べて行進させたいぐらいの良さ。でも見た事自体は確かにあるけど、機会はあまり無かったような......。

ということで改めて精査をしたところ、現状では山のポリス指令基地(60174)のセットに入っているだけだった。ミニフィグシリーズとかにも無かったかな。


レゴの喫煙描写

| コメント(0)


本物サイズにたばこを作ったり、昔登場した巨大サイズのレゴ(ジャックストーンとか)に合わせたものはちらほら見受けられるけど、現行の通常サイズのレゴのフィギュアにマッチした、喫煙状態を描写できる公式パーツってのは、実はなかなか見つからない。

今の紙巻きたばこは単なる円筒形で簡単そうに見えるけど、サイズ的には長さが2ブロック分ぐらい。けどそのサイズの円筒パーツ(バーとか丸棒と呼ばれている)って、実は無かったりする。もっとも短いのでも3ブロック分。そしてその長さだと、たばこというよりはバトンとかダイナマイトになってしまう。

写真にあるのは公式パーツを駆使してキセルっぽいものを作ってみたというもの。4593のレバーベースの黒とアイスクリームのモコモコを使った奴かな。安定性は今二つっぽいけど、確かにこれならそれっぽくは見える。



6/7に大部分が発売されるレゴの夏の新作。版権物は先行する形で1日からの発売となってドタバタ感が強いけど。個人的には今夏の新作は良作が多いな、という感はある。派手さは無いけど地味に考えられていたり凝った内容だな、というものが多い。特に宇宙モノはよくできている。

で、これも夏の新作の一つ、アーキテクチャの最新作ではあるのだけど。例のエンパイア・ステート・ビルを模した作品。いや、元々がそういうものだから仕方がないってのもあるけど、異様なまでにのっぺりしているというか、同じパーツをたくさん使っているよな、という造形ではある。さすがに以前紹介した、同じパーツを284個ざらりと入れるボトルシップのアレよりは少ないだろうけど。


レゴ向けのステキなキャビネット

| コメント(0)


レゴのパーツは多様なものがあるので、なろう系小説のような自動整理型のアイテムボックスとか、画像で種類判断してくれるアプリが出てほしいよなあとは何度も考えたことがある。それと同時に、整理したパーツを自在に収められるホルダー的なキャビネットが欲しいな、ということも。

まぁ、ケースについてはいくつか試行錯誤の上で、いくつかの回答にたどり着いてはいるけど、まだまだ目に留まるステキナイスなものはある。今回紹介されたキャビネットもその一つ。元々ネジとか豆電球といった工具系の小物を入れるものらしいんだけど、レゴのパーツ入れとしてもいいよね、これ。


おさげパーツとミニフィグの精査

| コメント(0)


先日手に入れたジャンク品の自然乾燥がそろそろ終わった感じなので、とりあえずミニフィグだけでも精査を始める。一番の問題点はこのおさげパーツ。目玉アイテムでもあったのだけど、レゴの刻印が見つからない。もしかして互換品? ネットで色々検索してみたら、同じようなタイミングで似た悩みを抱えている人もいたし、マジこれフェイク?

正規品を持っている人に聞けば一発で分かるのだけど...ということでツイートしたら、正規品も同じようなものだとのご返答。ああ、よかった。けれどその後で色々と精査してみたら、古今を問わず、頭髪部分のパーツって、レゴの刻印が無いけど正規品ってのが結構あるのだよね。脚部でもいくつかそういうパターンを確認できた。色々と難しい話ではある。



先日某中古販売店に入荷された、レゴのミニフィグシリーズの中古品。時折まとまった形でレア的なアイテムが出品されるのは、その類のをまとめて買取依頼した人がいるからなのだろうなあ、という思いを脳内に抱きつつ精査していたところ、目に留まるアイテムが続々と出てきたので、さくりと注文。数日後届いたのが、この3点。

ひだりからねぼすけな子供、植物のモンスター、ハエ男。ねぼすけは頭部の寝ている表情とかパジャマとかがレアかつ使い出のあるアイテムで、まとまった数が欲しかっただけに、1つでも新たに調達できたのは有り難いお話。植物のモンスターとハエ男は異様な感があるけど、これでもちゃんとした公式品。ミニフィグシリーズの14で色々なモンスター系のが登場してて、展開当時は人気がほとんど無かったのだけど、後になって希少価値が出てきたというところ。まぁ、特異な情景には使えそうな気がする。


City People(6314)調達

| コメント(0)


先日アマゾンで検索をしていた際に覚えた違和感の対象品。価格もミニフィグ単価で計算すれば許容範囲内ではあるし、未開封品だから取りあえずオーダーしようかと注文した後で調べてみたら、30年近く前の商品だと分かってちょいとびっくり。

中身はまがい物でも何でもなく本物の正規品。確かに箱はひしゃげていたけど、中身はまったく問題無し。昔のシティのミニフィグセット的なポジションで、今でも1ダースぐらいの単位でのが登場するけど、かつては6体ぐらいのもあったんだな、と。

小物も随分とこじんまりしているけど、今では見られないパーツとかあるし、ミニフィグ自身も今と比べるとかえって斬新さを覚える......というか素朴感が逆にレゴっぽくて良い。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちパーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテクニック・アイデアです。

次のカテゴリはミニフィグです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com