ジョウロとアメリカンクラッカーと

| コメント(0)


お部屋の大掃除が終わるまでは自作の設計とか中規模以上のレゴ製品に手を付けるわけにはいかず、パーツも合わせ積みレゴが積み上がるばかりの今日この頃。そんな中でもアイディアやらセンスの勉強...というよりは情報収集と蓄積にはせいを出している次第。今回のも非常に優れた作品で、将来応用したいな、ということで覚え書きも兼ねて。

まずはジョウロ。単独パーツでもありそうなんだけど、既存のパーツの組み合わせで水が噴き出ているところを上手く再現している。コーヒーカップにミニフィグの腕、そして羽飾り。羽飾りの青はレアなので調達が難しいのだけど、それさえ確保できれば当方にも容易に作れそう。しかしこの発想は素晴らしすぎて涙する。右側の子供の砂遊び道具(スプーンを子供用スコップとして見立てている)のもセンス良し。


もう一つは不良スケ番グループ。冬服のセーラー服って今のところトイザらスのブロックトーバーに登場した水兵にしかないので、結構収集が難しい。それにも目が留まったけど、それ以上にセンスを覚えたのは、アメリカンクラッカー。チェリーをそのまま持たせることで、アメリカンクラッカーに見立てている。色々な意味でレベルの高い作品ではある。

このまま「シティ・学園セット」のミニフィグセット的な「スケ番グループ」って感じで公式化してもいいぐらいの出来。デコバイクも用意したりして。

関連記事             

コメントする

            

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年3月 7日 06:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「パンダの被り物は手に入れたけど」です。

次の記事は「レゴ付きのペーパーブック「Hospital Heist!」登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com