酸素系漂白剤によるプラ系の黄ばみ解消の話、その後

| コメント(0)


前月ちょいと触れた、レゴの白系パーツで生じている経年劣化による黄ばみを、プラ系アイテム同様に酸素系漂白剤に浸けた上で日光に当てて化学反応で落とすという件。入れ物の形状がアレだと、全部が上手く浸らないという問題は、結局のところこんな感じで解決が出来た。

具体的には100均で透明のふた付プラケースを買ってきて、ふたの部分を反転させてケースにのめり込ませ、内部の溶液をすべて浸らせる形に。本来なら細かい網の目で抑えふたを作ってもいいんだけどね。そこまで厳密にする必要は無い。

夏に入って強い日差しの日が増えたからってのもあるのだけど、この方法を使うことによって、黄ばんでいた部分はパーフェクトゲーム的に新品同様な白いものに変わった次第。

機材がちょっと大げさなんで、まとめて手掛けないといけないという弱点はあるけど、この方法論は覚えておいて損は無いかな、と。特に中古でパーツを買った時に、この方法は欠かせないよね。

関連記事             

コメントする

            

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月12日 07:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今年のアドベントカレンダーの内容公開」です。

次の記事は「ミニフィグシリーズ19の構成数判明」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com