新しいディズニーのミニフィグセットの一覧を見て思ったこと

| コメント(0)


先日もちょいと言及した、ミニフィグシリーズの最新作として5月1日登場予定の(日本ではまだ未定)、ディズニーシリーズパート2なミニフィグたち。全部で18種類と豪華絢爛ではあるのだけど、あくまでも個人的な感想として、当方自身はあまりぴんとくるところがないのも事実。

いや、もちろん、造形としては非常に質が高い。SD的なスタイルでディズニーの有名キャラクタを良い感じで表現していて、一目でアレだ、これだというのが分かる。アイテムもそれっぽいのばかり。ただ、何となく、体現化が難しいのだけど、ピンとくるものがない。アニメのキャラに似過ぎてしまって、レゴらしさが失われているというか、何というか。

それと何よりも不思議に思ったのは、これでディズニーのミニフィグシリーズは2回目となるのだけど、未だに熊のプーさんが出てこないこと。蜂蜜たっぷりなハチの巣も既にアイテムとして登場しているので、何の問題も無いはずなのだけどねえ。どこかに配慮しているのか、それとも他の理由でもあるのか。クマーは是非ともほしいところではあるのだけどな。

関連記事             

コメントする

            

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年3月24日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「レゴタワー」なるスマホアプリゲームが夏に出るようだ(海外)」です。

次の記事は「ジャンク品のレゴを購入。さてその中身は」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com