Bricktober Jurassic World Minifigure(2018年)調達

| コメント(0)


日本ではトイザらスのキャンペーンで用いられる、レゴの秋における販促イベント・ブリックトーバーのセット。トイザらスではブロックトーバーと呼んでいるけど。当方はセットの調達のために7000円分の新規購入をするのもどうかなと考えているので、キャンペーン時には手に入れずに、後ほど市場に出回ってきた時に適正価格であれば購入する、というスタイルを取っている。

で、今回入手したのは2018年の第2段の、ジュラシックワールドのミニフィグセット。同年の他のセットがミニフィグ4体なのに、今件は3体で、代わりにディノサウルスの赤ちゃんと七面鳥の肉が入っている......のが見た目にはアレなようで、他のセットと比べてあまり人気は無いみたい。

見た目は地味なのは否定しない。でも、ジュラシックワールドを知らなくても、独特の服装をした動態とか小物とかは結構センスのあるものだし、ディノサウルスの赤ちゃんはアクセントとして最強アイテム。この価格なら相応だということで、1つ注文した次第。


3体のミニフィグはすべて両面の表情持ちの頭部が使われている。中でもOwen Gradyのこのおちょぼ口は最強レベル。困ったような驚いたような微妙な表情。肌の色がノーマルの黄色だったらパーフェクトだったんだけど、こればかりは仕方ないな。

関連記事             

コメントする

            

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年2月 8日 07:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レゴの説明書と公式サイトの無料ダウンロード」です。

次の記事は「xtraシリーズの新作は公式シールの看板セット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com