割引きで客入りを分散する方法

| コメント(0)
コロワイドグループの株式会社レインズインターナショナルが運営する牛角では、平日18時までの来店で70品以上の食べ放題がお得に利用できる「早割食べ放題」を394店舗で実施しています。2020年12月7日(月)より、草加店を除く606店舗に実施店舗を拡大します。

密は感染リスクが底上げされるので、できるだけ分散する形で、平均的な形でお客に入ってほしいというのは昨今のお客商売のお店の念願。閑散と混雑を平坦化して、効率的にお客に使ってほしいという思いは以前からあったはずだけど、新型コロナウイルスの流行でその思いががっつりと強くなった次第。大義名分も出来た。

そこで客入りが少ない時間帯に値引きをして、その値引きに釣られた人を混雑時間帯から閑散時間帯へシフトさせようという試み。実際にどれほどの人がこの思惑にのってくれるのか、下手をすると元々こなかった人が割引時間帯にくるまでの話じゃないだろうかという可能性はあるのだけど、興味深い話には違いない。

このコンセプト、実は以前からあったりする。ホテルとか旅客機でよくある、閑散期の割引セールがよい例。金額に関係無く利用する人には効果はないけど、金額が判断材料になっている人は思惑にのってくれるかもしれない。

あるいは新型コロナウイルスの流行にかたがついても、この流れはそのまま継続するかもしれないな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年12月 4日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マクドの新作三角チョコパイはバニラ味」です。

次の記事は「松屋でビーフシチューやバターチキンカレーが登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31