ドアノブ引っかかりトラップへの対処法

| コメント(0)


先日あるある話として紹介した、室内のドアのノブの部分に服のポケットがひっかかって大参事になることってあるよねー、的なお話。ドアノブそのものの構造を根本的に、コロンブスの卵的に変更するしかないんじゃないかと思っていたのだけど。

そうか、疑似的に形を変えるべく、かぶりものをつければいいのか、という解決案。ドアノブの出っ張り部分が太くなるし、引っかかりにくい造形になるので、リスクは随分と軽減される(ゼロじゃないけど)。

このコンセプトって結構お手軽なものだから、もしかするとすでに100均などでも展開されているかもしれないなという素人考え。まぁ、ちょっと探してみようかな、という感はある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年12月 1日 07:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「人手不足と景況感」です。

次の記事は「マケプレ業者を排除できるアドオン「AmazonSeller Filter」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31