室内での和室最大の敵

| コメント(0)


これ、和服に限らず洋服でもよくあるケースで、大抵がダメージを受けた後に気が付くという始末に負えないもの。たまたまひっかかっただけで実損害を受ける前に気が付くと「よかったー、助かった」的なことになるってのもしばしば。

このタイプのノブって世界共通だとは思うのだけど、海外でもやはり同じようなトラブルっておきているのだろうか。そして解消法はあるのだろうか。

やはりノブの形そのものを工夫して変えていくしかないのだろう。あるいは引っかからないようなカバーを取り付けるとか? 試行錯誤が不可欠だけど、良いアイディアがあれば、それだけで実用新案なり、100均ショップのベストセラーアイテムとして成り上がることができそう。何しろ需要は無限にある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年11月30日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「健康によい食生活にはお金がかかる」です。

次の記事は「人手不足と景況感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31