ドリキャス内蔵テレビがまたヤフオクに出品された

| コメント(0)


先日ちょいとばかり話題に上った、セガの家庭用ゲーム機ドリームキャストを内蔵した形の、昔の人が考えた未来のテレビっぽい、ドリームキャスト内蔵テレビCX-1。これがヤフーオークションに出品されていた。何度見ても奇天烈な形で、そもそもこれがテレビだと信じる人がどれだけいることやら。

しかも今品、前回のと違い、通電チェックは通っているという。当職に衝撃走る。ただこの類って、ビデオデッキの調達の時にも実感したのだけど、通電=完全動作ってわけじゃないのだよね。単純に電源が入るだけでテレビはつかないという可能性も否定できない。何しろ実際に映っているところの写真が掲載されていない。

ともあれドリキャステレビの出品が行われていることに違いはない。セガを心から敬愛している人には魅力的な一品に違いないけど......今再確認したら価格が2.3万円ぐらいにまで上がっていたな。最終的にはどこまでいくんだろう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年11月11日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「クリスマスプレゼントは今月のうちに」です。

次の記事は「くわがたとエゴサと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31