かつやが三密丼的な「豚すき煮肉うどんチキンカツ丼」を発売

| コメント(0)
「全力飯。」のキャッチフレーズでもおなじみのとんかつ専門店「かつや」が、10月2日から期間限定で全国の「かつや」で人気の合盛りシリーズの新作である煮込みメニュー「豚すき煮肉うどんチキンカツ丼」を販売します。

人気の合盛りシリーズなんてのがあるそうだけど、元々ベースは鍋膳みたいなもので、うどんの下地に豚肉のすき焼きとチキンカツをぶち込んだようなもの。色がもう炭水化物の宝石箱状態で、茶色丼としてもいいぐらい。いや、これは間違いなく美味しいけどロカボじゃなくてハイパワーカボとでもいうべきか。

丼への盛り方が松本零士先生の漫画に出てきそうなスタイルで食欲をそそられる。でもこれ、ご飯が見えないので食べるのが大変かも。やはり最初はうどんの部分を攻略していくのだろうな。

発売は10月2日から。近所にかつやがあるかどうか検索しておこうかな......と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年10月 1日 06:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「史実と創作ネタをごちゃごちゃにして、むしろ創作を史実だと誤解するケース」です。

次の記事は「「クリップボードの内容を読み取る」テスト用機能って何だろう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31