持続化給付金の不正受給は犯罪

| コメント(0)


持続化給付金に限らず公的な補助金を不正に意図的に受給することは犯罪以外の何ものでもないのだけど。状況を鑑み申請のハードルが低いこともあって、持続化給付金を詐取する筋が少なからずいるとのこと。個人ベースならともかく、実際に受給する人を募って不正に申請させ、稼ぎを半ば横取りするという元締め的な存在がいるパターンも。結局これってオレオレ詐欺とか暴力団のしのぎと同じ構図だよね。

偽装申請した本人は軽い気持ちで、これで数十万がゲットできるのなら美味しいバイトじゃんという感じなのかもしれないけど、犯罪行為には違いない。自ら申請したのだから意図的だし、公金の詐取がどのような意味を持つのか、どれほど理解しているのだろうか。

世の中に美味しい話など滅多に転がっていない。本当に美味しい話ならすでに他の誰かが気が付いて手をつけているはず。自分が誰も目をつけていない美味しい話を発見できる能力があるのかについて、自問自答をする癖をみにつけておいた方がいいと思うのだけどな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月30日 07:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「乳児用液体ミルクの賞味期限が12か月から14か月に」です。

次の記事は「「寛解した病人は仕事に使えない」という呪い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31