お金の知識は義務教育で教えるべし

| コメント(0)


「大人買い」という言葉があるけど、実のところ他人に迷惑をかけたり違法行為・不法行為をするのでない限り、自分のお金はどのように使っても他人がツッコミを入れるのは野暮というもの。ただ、その使い方において、その人にとって本来必要なものまで使ってしまうのはどうよ、という感じ。古臭い表現だけど、ギャンブルのお金として家の生活費とか子供の教育費までつぎ込んでしまうとかね。借金もまた然り。

お金はどのように使うべきか、やってはいけないこととやってよいことの境界線はどのように判別すべきかなどは結構難しい話で、しかも日々の生活にかかわる問題でもあるので疎かにはできない。

結局のところお金ってのは生活維持のためはもちろんだけど、色々な行動のための道具に違いなく。その道具を上手く使うためには多様な知識や前提となるルールを身につけておかねばならない。それが指摘されているマネーリテラシーと呼ばれるもの。便利な道具である自動車を運転するのには、教習所に通って交通ルールや動かし方のあれこれを学び、試験に合格して免許証を取得しなければいけないってのと同じなんだな。

マネーリテラシーを身に着ける人が多くなれば、結構色々な問題が上手く行くようになる気もするのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月29日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「まんがタイムきららキャラット2020年10月号 読了」です。

次の記事は「「一生薬が必要です」の意味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31