みずほ証券、株取引で誤発注発生

| コメント(0)
みずほ証券は27日、構造計画研究所株式の25日午前の取引で誤発注をしたと発表した。顧客が希望した量を大きく上回る買い注文を誤った方法で出し、約5500万円の取引が成立したという。注文内容の確認ミスとみられる。

昨今のシステムでは誤発注は発生し難い構造になっているのだけど、それでも発生したというニュース。しかもかなり大きな規模で動向にも影響があったようだ。

しかし記事本文の最後に「同社は2005年に大規模な誤発注を起こしている」とあるように、みずほ証券ってかの有名な「ジェイコム誤発注事件」をやらかしたところなんだよね。


人の手が関与している以上、ミスは生じざるを得ないのだけど、よりによって一番注意をしなきゃいけない、対策が講じられているはずのみずほ証券でこういう小さからぬ規模の誤発注が発生するとは(無論他社でも小さい規模のは起きているだろうけど)。色々と興味深い話ではある。それと同時に、ジェイコム誤発注事件ってもう15年も前の話なのだなあ、というしみじみ感。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月28日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ツイッターでURL付きツイートが表示されにくくなっている仕様」です。

次の記事は「トイザらス・としまえん店限定の割引セールがついに8割引きに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31