果物の旬は年に一回しかない。それに何回出会えるか

| コメント(0)


品種改良や栽培技術の進歩、輸送手段の多様化などで今ではお値段を気にしなければ一年中好きな果物を手に取り食べることができる。けれど本来の旬の時期のものが一番おいしいのは言うまでもない。食べるのなら旬のものをいただきたいよね。

で、指摘されている通り、果物...に限った話ではないのだろうけど、旬ってのは大抵が年に一回。しかも時期はさほど長くはない。そのタイミングで食べるのを逃してしまうと、また来年まで待たねばならない。さて、その旬に出会える機会は、自分の人生の中であと何回あるのだろうか。

そう考えると、旬な時に果物をもりもり食べておきたいよね、と殊更に思ってしまうのは当方だけではあるまい。なんか勿体ないじゃん、折角なんだし。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月17日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「時限爆竹破裂装置」です。

次の記事は「今年の情報通信白書から色々と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31