境界線は自分では分からない

| コメント(0)


自分では全く自覚症状が無かったのだけど、医師から指摘されてはじめて諸症状が熱中症によるものだということが分かったという話。ゲームのキャラクタとかラノベではないからステータス画面で状態異常の原因を知る方法などあるわけがなく、色々と把握できる症状から推し量るしかない。

元の漫画の話では医者から指摘されて初めて熱中症だと判断できたのだけど、その指摘が無ければ謎の体調不良として認識され続けていたことだろう。一度経験をすると「あ、このパターンは熱中症だな」という経験則を得ることはできるけど。

指摘の通り、単なる気まぐれな体調不良なのか、熱中症なのかは、それを明確に区切る境界線などないし、その類があったとしても自分自身では分からない。体重が●×になったら、体温が▲□になったらという具体的な指標がないから分かりにくいし、それを知識や経験で判断するのがプロとしてのお医者さんではあるのだけど。

境界線が分からないということは、明確に気が付いたら酷い状況の中にあったというパターンも否定できない。それを避けるためには、境界線か否か分からない、グレーゾーンのレベルが認識できたら、迷わず境界線を越えたという仮定で判断をするのが一番良い。

ダメかもしれないと思ったら、ダメだと思って対応。少なくとも体に関しては、この判断が一番安全だとは思うのだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月14日 07:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「40代は初老」です。

次の記事は「ウソであることがすぐに判別する証拠を取得できる時代なのに、なぜマスコミはウソをつきまくるのだろう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31