「フィルムは捨てて下さい」

| コメント(0)


紙焼き系のカメラを使って現像してもらうと、紙の写真に加えてネガフィルムを受け取ることになる...って昨今では「現像」という言い回しすら知らない人が増えているのか。それはともかく引用元にあるように、紙焼きしてもらったからもうネガフィルムは要らないという人もいるだろう。データ化してあるのならなおさら。1枚1枚にそれほど深い思い入れはないのだろうし、データはコピーしておけば無くなる事もない。自分では使い方もよく分からないネガフィルムは持っていても仕方がないし、どの道捨ててしまうのだろうからということなのだろう。

スマホのカメラ機能とかデジカメでメモ感覚での写真撮影が当たり前となった昨今では、ポジフィルムを持っている意味などない、というかポジフィルムの概念自身もあいまいなもの、むしろ余計な物ぐらいにしか認識していないのかもしれない。

仕方がないような気もするけど、例えばこれ、タイムカプセル方式にして10年ぐらい後に望みの場所に配送するような仕組みは作れないのかな、と思ったりもする。結構なサプライズとなるだろうけど、費用対効果を考えると難しいかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月11日 07:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今日は酷暑という報道」です。

次の記事は「「取り返しのつかない17歳の夏が失われた」とはいうけれど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31