一つのニュースリリースで複数の似たような記事が連続して書かれる理由

| コメント(0)


芸能関連の記事ではよくあるパターンだけど、意識して目を通さないと気が付かない話。今件のように一つの事案、リリースについて、複数の記事が同時に配信されることがある。それも内容はほとんど同じで、記事によってスポットライトが充てられる対象が異なるだけの話。例えば桃太郎が上演されるというリリースなら、「桃太郎上演、主役は桃太郎」「桃太郎上演、お供の一人はキジ」「桃太郎上演、お供の一人はキジ」「桃太郎上演、お供の一人はサル」「桃太郎上演、お供の一人はイヌ」「桃太郎上演、桃を拾ってきたのはお婆さん」「桃太郎上演、敵役の鬼が住んでいるのは鬼ヶ島」という感じ。そして記事の前半部分は桃太郎が上演されるという同じようなフレーズが並ぶ。

リリース側で「特定の芸能人一人ひとり別個の記事を書くように」という指定があるわけではないので(そのようなものがあったら大問題になる)、書き手側の方がこのように分散して書いていると考えて間違いではないだろう。となると、なぜそのようなことをするのか。答えは絞られてくる。

恐らくは、というか他に回答が見つからないのだが、アクセス稼ぎというところだろう。作品への注目パワーが高いので、量産して総ページビュー数を増やす算段。今件の引用元なら、ミュージカルそのものの人気が高く注目を集めているので、たくさんの記事を別個書き上げて、それぞれにアクセスしてもらい、総アクセス数を増やすという話でしかない。

極めて好意的に解釈すれば、登場タレントに注目している人が、そのタレントの記事だけを読みたいという需要に合わせたものとの考えもできるのだけど。ちょっと無理やり感がある。

賢い方法であると言われればそれまでなんだけど、ワードサラダスパムとかとどれほどの違いがあるのだろうか。検索エンジン側もこの辺りをしっかりと「対応」していないところを見るに、アレがナニな技術力となってしまっているのだろうな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月25日 07:33に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「旅行に写ルンですが推奨される時代」です。

次の記事は「報道と広告のさかいめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31