「もしもし」に変わることば

| コメント(0)


新型コロナウイルスの流行で急速に広まったZoom...というかビデオ会議。急に浸透したものだから、皆が試行錯誤をしてノウハウだのマナーだのが構築されている状況で、他の人達の利用スタイルを見ると「え? そうすりゃよかったのか」「うちのと全然違う」的な話が結構出てくる。非常に興味深い時代には違いない。

本当に「がめがめ」となるかどうかは不明だけど、つながった後に相手との間での確認の「画面見えてますか?」が何らかの符丁になることは間違いない。「がめがめ」は「もしもし」から転じたものだからということなんだろうけど、個人的には「がめみえ?」辺りに落ち着くのではないかな、という気がする。


ちなみに「もしもし」の話が本当か否かを調べた結果。本当に「申し上げます」の略だったんだな、と。興味深い話には違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月21日 07:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マスク必須な夏と熱中症」です。

次の記事は「ハッカ油あれこれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31