取材を受ける人はクリノリンを装着しよう

| コメント(0)


新型コロナウイルスに関する有識者が取材陣にもみくちゃにされている写真が出てきて、三密はどうなっているんだとかそれ以前の問題で感染リスクを高めてどうするというツッコミを受けまくっていた。記者側からすれば「でもでもだって、取材したいし距離を置くと他社に出し抜かれると上司に怒られるし報道の自由だし」という感じなんだろうが、ある意味メディアスクラム以上にたちが悪い。

この類の取材陣を近寄らせない、距離を強制的に取らせる方法はないものかと頭の中で色々と考えていたところ、浮かんだのがこのクリノリン。昔のお貴族様が付けていた、どでかいスカート固定の傘みたいなもの。これがあれば、他人との間の距離を強制的に取る、取らせることができる。無理して近づいてきたら傷害罪としてでも訴えてやればよい。エスカレーターとかエレベーターを使えるのか、という疑問はあるけど。入らないかも。

ばかげているようにも思えるけど、これぐらいやらないとあの類の人達はやらかしを続けるだろうな、というのが正直な感想。万一記者経由で取材対象が感染したとしても、知らぬ存ぜぬで押し通すだろう。というか、あの類のおしくらまんじゅう的なところがテレビなどで伝えられること自体、現状では問題だというのが理解できていないのだろうか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月17日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「東京には餓死者がたくさんいる」という話」です。

次の記事は「説得力のあるものへの警戒」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31