ミスドで懐かしのアイテム達が再登場

| コメント(0)
この度発売する『リバイバルシリーズ』では、お客様から復活のご要望を多くいただいた過去人気だった商品をリバイバルします。フォン・ド・ヴォーを配合して、コクを出したカレーフィリングをたっぷり詰めた「ジューシーカレー」や、ゴロっとした具材感のあるタマゴサラダをたっぷりと詰めた「タマゴサラダ」は、イースト生地にパン粉をつけたブレッダー生地で、1997年の発売当時よりサクサクした歯切れのよい生地に改良しました。「スイートポテトパイ」は鳴門金時芋ダイスと安納芋入りペーストを使用してさらにさつまいも感を出し、「ショコラカスタードパイ」はチョコレートを練り込んだ生地にカスタードクリームと新たにチョコクリームを包むことで、ダブルのおいしさをお楽しみいただけます。

長年続いているチェーン店ではメニューのラインアップも逐次移り変わりゆくわけで。新しいものに切り替わるのには色々な理由があるのだけど、商品としては十分以上に優れていても終売となってしまったものとか、当時は受けなかったけど今ならイケてるかもというのもある。そういう類のメニューがリバイバルとして発売されるのは、その商品のファンだった人はもちろん、そうでない人も嬉しいものがある。美味しいものとの出会いの機会が増えるのだから。リバイバルっていうけど、多くの人には実質的に新商品と同じだからね。

今回リバイバル発売されるのは、ジューシーカレー、タマゴサラダ、スイートポテトパイ、ショコラカスタードパイ。いずれも前世紀に展開されていたラインアップで、中には「あれ? これってもう売って無かったんだっけ?」と思う人もいるはず。

資料の説明にある限りでは、あくまでもリバイバルなので、当時のアイテムをそのまま忠実に再現したというわけではなく、味などで改善を加えている模様。まぁ、それでも懐かし美味しという雰囲気が漂っていることに違いはない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月16日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「セブンでも巨大揚げ鶏の販売開始」です。

次の記事は「鉄道利用客の年齢階層別構成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31