本当の意味でのショットグラス

| コメント(0)


ウオトカなどのアルコール度の高いお酒をストレートで楽しむための小さなグラス、ショットグラス。ダンディなおじさまがくいっと飲むところをイメージしてしまうのだけど、のショットグラスを言葉通りに再現したのがこちら......って元々ショットというのはレバーの挙動を意味するらしいけど(一回のレバーの挙動で注がれる量が入るぐらいのグラスってことらしい。要はワンショット)。

銃弾が撃ち込まれている、つまりショット状態にあるグラスだからショットグラス、と。いや、単なるシャレに過ぎないのだけど、体現化すると味わい深いものとなる。

このネタ、随分と昔からあるようで、似たようなデザインのグラスはかなり色々な種類のが出回っている。ということは普段使いしても変人扱いされることはない、はずだ。そもそも当方はお酒をほとんど飲まないので使わないけれどね(笑)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月16日 06:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ポテサラ論争で一つだけ自作を勧める理由」です。

次の記事は「セブンでも巨大揚げ鶏の販売開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31