とかく馬鹿にされがちなFAXだけど

| コメント(0)


通信利用動向調査によれば一般世帯での世帯ベースでの普及率は33.1%となっているFAX。ファクシミリの略で電話回線を介して画像情報を送り伝える機器だけど、電子メールやSNS、ファイルの直接転送ができるネット時代では、無用の長物だの旧態依然のシロモノ的な扱いをされ、馬鹿にされている感がある。新型コロナウイルス周りでもFAXでの対応について揶揄する話があちこちから上がっている。

しかしながら指摘されている通り、FAXにはFAXなりのメリットがある。ネットサービスと比べて劣っている部分はもちろん存在するけど、それを補ってあまりあるメリットが得られる場面、状況があるのも否定できない。FAXでやりとりされるデータをデジタル化して取り扱えるようにするためには、さらに人の手が必要になるので面倒ではあるのだけどね。

FAXの方がデメリットが多い人ならば、素直にメールなりファイル転送を使えばいい。ただ、メリットが多い人がいるのも事実ではあるのだから、FAXの存在自身を否定したり、有効に使っている場面に対して揶揄する必要はないと思うのだよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月24日 07:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ポータブル電源の注意事項」です。

次の記事は「人をトリガーにした方が注目されやすい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31